27. 6月 2016 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

美しい体と心を保つために

運動をすることは健康な体になるために必要なことです。しかし、間違った方法を行うと不健康になってしまいます。運動は体の負担がかかるものです。普段しないからといって無理に動かせばたちまち痛めてしまいます。

だから最初はあまり負担をかけるような運動はやめておいた方がいいでしょう。あと、よく勘違いする人がいますが、健康は体だけでなく心も良くならなければ真の健康とは言えません。体を鍛えたいと思うあまり体調が悪いのに動かしていませんか。その気合はいいでしょうが、やりたくないと思ったときは素直に諦めておくべきだと思います。

今回、なぜこのような話をしたかというと、村上豊彦のもとに運動を始めようという人が増えてきたためです。運動に関して興味を持ってくれるのは嬉しいですが、正しい知識を持って行う人は多くなく、途中で挫折してしまう人があまりにも多いのです。

「これくらいわかってるよ」と思うでしょうが、運動を続けたいと思う人こそこの基本的な部分を忘れがちです。この機会に自分を見直してみてはいかがでしょうか。

24. 6月 2016 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

マラソンのために毎日走っていると

私がいつも続けているマラソンの練習。ランニングで外に出ていると「自分頑張ってるな」という気分になりとても楽しく感じられます。マラソンに出る時でなくても、筋トレとランニングは欠かさず行うようにしています。毎日走ることで、街の変化や楽しいことに気付けるような気がしてならないんです。

例えば、いつも見ていた看板が変わっているといったこと。ランニングを始める前なんて、街の流れに全く興味がありませんでした。仕事から帰るときに眺めるだけのどうでもいい、日常の一部としか見ていなかったんです。でも、体を動かすようになってからは毎日の小さな変化にも気づくようになりました。そしてそれが楽しいと感じるようになったのです。

体を動かすのは健康になるだけでなく、心の栄養としても良い影響を与えているように感じます。それに気づいてからは、毎日習慣のように行うようになりました。今後も、私とランニングは切り離せない存在になっていくことでしょう。

22. 6月 2016 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

休みも運動に必要な要素

運動を続けていると、どうしても辛くなってしまう時があります。そりゃあ、ずっと体を動かしていればどこかしら疲れや痛みが生じるので、嫌だと感じる人は多いことでしょう。

そういう時は、「少しだけ体を休ませる」といいと思います。体を鍛えているのにサボってていいの?と思われるかもしれませんが、継続して運動を続けるには、どうしても妥協しなければならない場合があります。

人間は、楽な方へ進みたがる生き物なので習性だと思って諦めて下さい。あまりにも自分を痛めつけてしまうと、「もう嫌だ」と体が反応してしまい運動をやらなくなってしまうというリスクがあります。せっかく続けてきたのに辞めてしまうのはもったいないですよね。

だから、例えば普段10分続けているストレッチがある際体が少ししんどそうだったら、「今日は8分くらいにしよう」とか「少し回数を減らしてみよう」といった感じでちょっとだけサボってみるのです。

そうすると、「明日は頑張ろう」とか「体が動くようになったら回数を増やそう」という方向へ繋がるのです。運動が続かなくて困っている皆さん、この村上豊彦流の運動でまずは1か月続けてみてはいかがでしょうか。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

ご褒美を利用すれば続きやすい?

また、トレーニング後の楽しみを考えておくことも重要です。

村上豊彦も、頑張った時には大好きなビールを飲んだりと、自分に何かご褒美を与えるようにしています。

そうすればトレーニングを頑張ろうという気分にもなれます。

その後の楽しみを何にしようか決めるのも楽しいので、なかなか運動が続かないという時には、自分にご褒美を与える方法が良いでしょう。

コレは村上豊彦の個人的な意見になりますが、トレーニング後のビールは最高ですよ。

疲れた身体に染み渡っていくのが実感できて、それだけで疲れが吹き飛んでいく気分です。

あまりアルコールを飲み過ぎるのは健康の面から見ると良くありませんが、たまのご褒美なら問題は無いです。

それにたまにハメを外してビールを飲むことも、ストレスの解消に繋がります。

身体にストレスが溜まってしまうと、上手くトレーニングの効果が出ないこともあるので、自分の身体の仕組みをよく理解して、運動を続けていきましょう。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

マラソンは楽しむものです

人から言われるのが多いことが「よくフルマラソンなんてできるね」という言葉です。

ですが、これは私、村上豊彦にとっては楽しいことになるので、何も苦ではありません。

皆さんも、趣味や楽しいことがあるでしょう。

私にとってのそれが、「フルマラソンを走ること」です。

そこで私は思ったのですが、マラソンを行う時にも楽しむことが重要なのではないでしょうか。

何事も苦しいものや辛いことは、長く続けることができません。

最初はできていても、それは三日坊主で終わる可能性が高いです。

楽しいことであれば長く続けることもできますし、そのために努力を重ねることもできます。

ですからまずマラソンをこれから始めようと思っている人は、マラソンを好きになってください。

好きになれば、トレーニングも楽しんで行うことができます。

マラソンは、タイムなど目に見えて努力が現れるのが良いところだと村上豊彦は考えています。

ですからそのようなところを、ぜひ楽しんでください。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

目標を持ってフルマラソンをする

私、村上豊彦は常に目標を立ててフルマラソンに参加するようにしています。

そうすることでより意欲が湧きますし、トレーニングをする時にも励みになります。

ですから、これからフルマラソンに参加しようと考えている人も、ぜひ自分なりの目標を立ててみると良いでしょう。

私は、「去年のタイムより短いタイムで走る」ということを目標にしています。

他にも私の知り合いでは、「とりあえず反応する」というように非常に簡単な目標を立ててフルマラソンに参加している人もいます。

他にも、「2時間以内に完走する」という目標を持っている人もいます。

人にはそれぞれ適している目標があるので、自分の達成できる目標を立てましょう。

あまり無理な目標を設定してしまうと、大きな努力も必要になりますし、達成するのが難しくなります。

それではやる気があまり出なくなってしまうこともあるので、気をつけましょう。

努力を重ねれば達成できる目標を立てるのがベストです。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

フルマラソンを走るポイント

フルマラソンの本番まで一か月を切ったら、今までのトレーニングで培ってきたスタミナを蓄えることに専念しましょう。

村上豊彦も、普段よりトレーニングの量を抑えるなどして、身体を守ることに重点を置いています。

フルマラソンが近くなってくると、焦りや不安も感じてきて、ついついさらにトレーニングを強化したり、自分自身を追い込んでしまいがちです。

ですがそれは逆効果になってしまいますので、気をつけてください。

トレーニングは今まで通り続けていっても問題ないので、身体を痛めない程度に抑えておくことがポイントです。

トレーニングをやり過ぎて、身体を壊してしまっては意味がありません。

せっかく今まで頑張ってトレーニングに励んできたのに、全てが無駄になってしまいます。

さらに村上豊彦は、睡眠や休息を取ることも忘れません。

運動した後は休む、というのがトレーニングの基本です。

身体を疲れっぱなしの状態にしておくのは、絶対にやってはいけないことです。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

運動と睡眠の関係性を学ぼう

スポーツに睡眠は関係なさそうに思えますよね。

ですが意外なことに、睡眠不足が続くと、運動してもその効果があまり現れないことも多いのです。

ですから村上豊彦は、どんなに忙しくても必要な睡眠時間はなるべく確保するようにしています。

とはいえ私もサラリーマンなので、どうしても残業なども多くなり、睡眠時間が不規則になってしまいます。

そのような時にはしょうがないのですが、家に早く帰ることができた日は、なるべく早めに寝るように心がけています。

さらに、夜ご飯にたんぱく質の多い食品をたくさん食べておくと、寝ている間に傷ついた筋肉が修復されたり、さらに筋肉が新しく作り出されます。

そのためにも、適した睡眠時間をしっかりと取らないといけません。

休日の時などは、ついつい夜更かししてしまいがちですが、そこはガマンしましょう。

夜更かしでは疲れを取ることもできないので、さらに身体には悪い影響を与えることもあります。

疲れを取って、翌週の仕事にも備えましょう。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

クエン酸も摂取しておく

運動した時に疲れるのは、人間として当たり前のことです。

それは頑張った証拠なので、何も問題はありません。

ですがその疲れをいつまでも身体の中に残しておくことは良くありません。

疲れをしっかりと取るためにも、村上豊彦は「クエン酸」を積極的に摂取していくように心がけています。

このクエン酸には、疲労の原因になる物質である、「乳酸」が作られることを抑えてくれる働きがあります。

ですからトレーニングの後にクエン酸を摂取しておくと、身体の疲れが取れやすいです。

村上豊彦は主に酢の中に含まれていたり、トマトにも多く含まれています。

酸っぱい食品に含まれていることが多いので、覚えておきましょう。

さらにはレモンやオレンジの柑橘系のフルーツなどにも含まれています。

ですからトレーニングを行う時には、事前にそのようなフルーツを用意しておきましょう。

スーパーなどでも簡単に手に入る食品ばかりなので、入手することも困難ではないはずです。

22. 12月 2015 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

運動後の食事を気にしよう

村上豊彦は運動だけではなく、その後の食事にも気をつけるようにしています。

その食事次第で、運動した意味が無くなってしまうこともあるので、トレーニングの時に適している食材をきちんと知っておかねばいけません。

一般的にトレーニングした後30分以内には、消化吸収の良い食べ物が適していると言われています。

さらに栄養価が高いものですと、身体の中ですぐにエネルギーに変わってくれるので、体力の回復が早まります。

トレーニングの2時間以内の場合は、たんぱく質を多く含む食材が良いと言われています。

たんぱく質を多めに摂取することで、筋肉の合成に大きく貢献してくれます。

ですから村上豊彦は、たまごなんかをよく食べますね。

たまごは「総合栄養食品」と言われているように、多くの栄養素を含む食品です。

それだけでも身体に必要な栄養を補えるので、トレーニングの時には非常に役に立ちます。

ゆで卵なんかにしておくと、簡単に食べれるのでオススメですよ。